ペット 消臭スプレー 安全

↓ペットのニオイを即消臭で安全なスプレート↓

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

 

安心の消臭スプレーを使いたいけど・・・

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

ペットの消臭スプレーは本当に沢山のものが市販されていて、どれがいいのかイマイチ良くわからないですよね。
その中でも、やっぱりペットは大事な家族なので安心・安全に使えるものを選びたいところです。

 

とはいえ、ニオイをしっかり消臭してくれて、除菌をしてくれることは絶対条件。
そんな都合のいい消臭スプレーがあればいいなと思っていたんですが、最近発売されました。

 

それがカンファペットというペット専用だけどワンちゃんに無害の強力な消臭スプレーです。

 

>>ペット用消臭剤カンファペットの詳細はこちら

気になるペットのニオイの本当の原因

 

実はペットのニオイの本当の原因は“細菌”によるものがほとんど。

 

ペットの皮膚・被毛・口内についた汚れ、汗や皮脂、便などを栄養として細菌やカビなどが付着・繁殖し、それが体臭・口臭・便臭となりニオイを発生させます。
そのニオイ(汚れと細菌)がそのままケージやトイレ、ソファやカーペットなどに移り室内中にニオイがどんどん広がってしまうのです。
このニオイの元である細菌をなんとかしない限り、いつまでもニオイは消えません。

 

アンモニア

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ
ペットとは切っては切れない臭いのひとつ、アンモニア。これは汗やおしっこに含まれる一番有名なニオイ成分でしょうね。
人間もおしっこはアンモニアのニオイがしますが、わんちゃんのおしっこにもアンモニア臭がします。

 

アンモニアは時間が経ったり、放置するとどんどん異臭を発してしまいます。

 

ちなみに、犬のおしっこはそこまで臭くないですが、猫のおしっこは犬や人間と違う成分が入っているためもの凄く臭いです。

 

イソ吉草酸

コレがいわゆる犬臭い体臭の原因です。

 

犬の場合、人間の脇の下などにもあるアポクリン腺と呼ばれる汗腺が体中にあり、そこから出るたんぱく質や脂肪の多い汗が皮膚の上の雑菌に分解されることで臭いが発生します。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

 

ワンコの場合は人間と違って透明な汗を掻く汗腺が鼻の頭や足の裏などにしかありません。
このアポクリン線から脂肪を含んだ汗がでるため、犬臭さがでてしまうのです。

 

犬の体全体が臭うのはこのためです。

メチルメルカプタン

 

ペットの糞便からも発生するもので、口臭の要因でもあります。

 

犬を飼っているとこれらの臭いが主な悩みの種となるわけですが、このような臭いをすべてクリアしてくれるような消臭剤がカンファペットです。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

カンファペットはこれらのにおいの発生原因を根源から瞬間消臭してくれます。アンモニアなどのにおいの発生源を分解・変質して水に戻して無害化してくれます。

 

カンファペットには次亜塩素酸水という独自の成分が使われていますが、その消臭力は市販の消臭剤の数十倍ともいわれています。

 

臭いの成分自体を分解するので、香りで臭いをごまかすタイプとは全く別次元の消臭力があります。

 

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

 

ファブリーズのQuatという成分の悪評が話題になった

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

除菌消臭スプレーのファブリーズが体に悪いと、一時期ネットで評判になったことがありました。
ネットでファブリーズが話題になったのは多頭飼いの飼い主さんのところで、ファブリーズを使うようになってから次々にワンちゃんが肝臓を悪くしたとのこと。

 

話題になった除菌消臭スプレーの成分で危険と言われる原因となった成分は「Quat」という除菌成分です。

 

「Quat」とは、第四級アンモニウム塩のことでこれがワンちゃんや猫ちゃんの体に悪いと話題になりました。

 

第四級アンモニウム塩は別名塩化ベンザルコニウムとも呼ばれ、ドラッグストアなどで売られていて私達が購入できる消毒薬、界面活性剤、柔軟剤、シャンプーなどの帯電防止剤に使われています。

 

この第四級アンモニウム塩は1935年にG. Domagk博士が第4級アンモニウム塩に殺菌作用があることを発見してから、その周辺のさまざまな分子構造について殺菌性能が検討されました。

 

この中で、安全性や殺菌性の両面から塩化ベンザルコニウムが殺菌消毒剤として最も適しており、広い分野で使用されるようになりました。 

 

どうして消臭スプレーを使うとワンちゃんの体に悪いのか?

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

消臭剤スプレーを使用した時、四級アンモニウム塩など、それらのが細かいミストとなってスプレーされています。
もちろん、それはわんちゃんも吸い込んでしまいますね。

 

毎日使う消臭剤スプレーによって、化学物質が毎日少しずつ体内に蓄積します。もちろん内蔵にも蓄積します。
実は一部の消臭剤スプレーが原因で、わんちゃんやねこちゃんが肝臓疾患になるとも言われているんです。

 

ただ、このファブリーズが肝臓に悪いという説は実は根拠がありません。

 

そして、現在では、ペット用や家庭用の主流になっている製品は「次亜塩素酸」「安定化二酸化塩素」「バイオ」などといったものが主流になっています。

 

カンファペットはファブリーズに使われているQuatとは違う次亜塩素酸を使用しています。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

次亜塩素酸水の安全性は非常に高く、様々な試験を経て、食品安全委員会にもその安全性を認められています。
食品工場、医療機関、保育園、公共機関、農業、飲食業、ペット業界等高い安全性が求められる現場でも人気が高い理由はここにあります。

 

カンファペット独自の技術で次亜塩素酸水を生成することに成功していて、この技術が画期的だったので、東京都から表彰も受けています。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

ファブリーズは危険はデマだった?

ファブリーズが危険という話が有名になった要因として、東京都健康安全研究センターの2006年と2010年の研究結果があったからだとおもいます。

 

これらの研究ではQuatを飲み続けたマウスが死んでしまったり、妊娠しているマウスは胎児にも影響があったり、マウスに健康被害があったとされています。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

でも、この実験は人間で言ったら考えられないほどの過酷な設定で行われています。

 

まず、マウスにQuatを飲ませ続けた量ですが、2ml/kgという量です。
続いて飲み続けた期間ですが、21日間連続です。

 

実験結果だけを見るとQuatが人体にも悪影響を及ぼす危険があるといえそうですが、ちょっと普通に考えてみてください。

 

人間で言ったら2ml/kgというのは、体重40キロの人だったら80mlという量になりますよね?
これって、コップ半分ぐらいの量ですが、これって別にファブリーズじゃなくても、普通の洗剤でも薬でも十分すぎるぐらい危険な量ですよね。

 

これを3週間飲み続けたら妊婦さんでも赤ちゃんでもアスリートでも普通の人間なら間違いなく危険です。

 

だから、ファブリーズ=マウスが死ぬから危険と判断するのは違うとおもいます。

 

なにもファブリーズだけが危険なわけではない

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

このファブリーズの除菌成分であるQuatはP&G社独自のもので、詳細は分かりません。

 

ただ、先ほどお伝えしたように、Quat自体は第4級アンモニア化合物なので、洗剤や消毒剤などに幅広く使われています。

 

医療の現場でも普通に使われているもので、その副作用も軽度のもので、毒性は低く成人が少量を誤飲しても特に害はないとされています。

 

目に入った場合は刺激性を示したという医療研究の報告もありますが、ネットで話題となったような肝臓を悪くするという根拠は証明されていません。

 

それに、ファブリーズは皮膚への刺激などいくつかの観点から安全性の検査を実施しています。

 

その安全性データから、万一口に入ったり液が肌に付いた場合、妊婦が近辺にいる場合でも、ラベルに基づいた使用であれば安全上問題はないとされています。

 

ただし、目に入った場合は洗い流すことを促しているほか、ペットへ直接吹きかけると言った行為は禁じていますので直接スプレーをしてはいけません。

 

ペットはソファーやラグやカーペットなどに触れた後に体をなめたりします。
その場合はペットの口に入るので、そういう意味では無害とはいえないでしょうね。

 

その点、カンファペットは目や口に入れても大丈夫で、ペットに無害な成分でできているので安心だといえますね。

 

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

Quatの問題は殺菌力が十分じゃないこと

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

先ほど説明したQuatは「第四級アンモニウム塩」という成分で、別名ベンザルコニウム塩化物ともいいます。
この成分は逆性石鹸といい、基本的には家具や床などの消毒には用いることができますが、十分な殺菌力を期待できないんです。

 

このQuatという成分の効果ですが、一般細菌には効果があってもウィルスには無効なんです。これは医療の現場や、食品加工業者、海産物加工業者などでは常識となっています。

 

もう少し詳しく説明すると、第4級アンモニウム塩は一般的な細菌(大腸菌や黄色ブドウ球菌(MRSA含む)など)についてほとんど問題なく殺菌効果を発揮できます。

 

しかし、結核菌等の抗酸菌(マイコバクテリウム)やウイルスのほとんど、細菌胞子(芽胞)や真菌胞子には殺菌効果を示しません。

 

つまり、ファブリーズを使っても食中毒の原因となるノロウィルスなどのウイルスは除去できないんです。

 

カンファペットは、次亜塩素酸ナトリウムという成分が主成分のため、一般細菌だけでなくウィルスにも効果があり、ノロウィルスやインフルエンザウイルスも除菌できます。

 

この強力な除菌力で臭いを生み出す雑菌の繁殖を抑え、悪臭成分の分解+雑菌の除菌により強力な消臭効果を発揮します。

 

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

カンファペットは有名企業や工場で実際に使われている

ペット消臭スプレーで安全なものはコレ!ファブリーズは危険はデマ!

↑野菜・果物加工場内の衛生管理に↑

 

カンファペットに使用されている消臭除菌技術は野菜加工工場や、水産加工場、畜産業界など様々なところで実際に今も使われているものです。
私達が普段スーパーやコンビニで見かける食品でも、スーパーの弁当やサラダの鮮度・衛生管理、パンやクッキーをしっとりさせるためなどにも使われています。

 

安全性の高さから、キッコーマンや味の素、伊藤ハムなどの有名企業でもしようされ、小学校や中学校の給食センターでも使われています。

 

そのほかにも以下のような施設で利用されています。

 

ペットショップや動物病院の消臭消毒に
病院・クリニックの待合室の空間改善に
娯楽施設の喫煙ルームの空間消臭に
スポーツ用品店内の室内環境改善に
レストランの衛生・快適な飲食空間に
美容室内を衛生的な快適空間に
介護施設事務所内を衛生的な空間に
リハビリテーション施設を安心な衛生空間に

 

 

カンファペットのデメリット

消臭剤なのでにおいは無い
フードではないので口臭対策には向かない
ペットの体の中からのにおいは改善が難しい

 

こんなヒトにはおすすめしません

 

消臭効果とフレグランス効果を求める人
フードを変えることが必要なワンちゃんを飼っている人
腸内環境を整えるなど、体の中からの改善が必要なワンちゃん

 

 

カンファペットのメリット

 

ペットが口にしても安心で安全
人間の食品にも使われている
強力・即効性がありどこでも使える

 

こんな人におすすめ

 

犬の健康に悪いものを使いたくない人
人間でも使える安心安全なものを探している人
とにかく今すぐ強力にシニア犬のにおいを何とかしたい人

 

 

シニア犬,におい,スプレー,老犬,臭い

犬の臭い対策5か条!

シャンプーをこまめにする!

定期的にシャンプーを行うワンちゃんの臭い対策と言えば定期的なシャンプーです。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

通常は、1ヶ月に1回シャンプーでOKですが、愛犬の皮膚と被毛の様子でサイクルを決めてください。
実はシャンプーのしすぎや体の洗いすぎはワンちゃんの体を乾燥させてしまうので、注意が必要です。

 

乾燥すると皮膚が荒れてしまい、それが病気や体臭の原因となります。

 

また、ニオイが気になるときは洗う回数を増やしてOKですが、肌に負担をかけないワンちゃん専用のペットシャンプーを使うようにしましょう。

 

フードやサプリで腸内環境を整える

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

フードは腸内環境を悪化させるので体臭や口臭の原因になります。
私の家のワンちゃんも無添加のフードに変えて、サプリを飲むようにしてから体のニオイや口が臭いのがなくなりました。

 

>>100円から試せるおすすめの無添加国産のドッグフードの詳細はこちら

 

>>口臭対策におすすめのサプリキュアペットの詳細はこちら

 

こまめに目ヤニ取りを行う

 

目ヤニ取りは薬などを使わずに優しくウェットティッシュで拭いてあげましょう。

 

目ヤニが固まって取れない場合は、一度水でふやかすととりやすくなりますよ。

 

排泄後はしっかり陰部や肛門を拭く

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

陰部や肛門におしっこやうんちがついていると後から臭くなります。

 

とくに、おしっこはかなりくさくなるので、排泄後は、陰部、 肛門を綺麗に拭き、うんちやおしっこがついていないようにしましょう。

 

肛門線の中に液が溜まると悪臭の原因になりますので、肛門線の掃除も1ヶ月に一回はするようにしましょう。
カットに行くとトリマーさんがやってくれますね。

 

トイプードルなどの耳が長い犬種はこまめに耳を掃除する

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

トイプードルやシーズーなどの耳の毛が長い犬種はこまめに耳を掃除してあげましょう。トイプーがなりやすい外耳炎も防ぐことができます。
ニオイも溜まりやすいですから、ウェットティッシュなどで丁寧に掃除してあげましょう。

 

細菌の増殖を防ぐためにも清潔にすることが大事なんですね。

 

 

 

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

部屋でて真っ先に消臭すべき場所4つ

ワンちゃんのにおいを防ぐために重点的に消臭スプレーをしたほうが良い場所をピックアップしました。
この4つはすぐに消臭除菌するようにすると部屋全体のにおいを効率的に抑えることができますよ^^

 

ハウス

犬用のおうちやソファー・ベッドなどはにおいの元である物質が溜まっていたり、細菌が溜まっていたります。
真っ先に消臭除菌しましょう。

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

ワンちゃんがご飯を食べている時や散歩をしている時にシュシュッとスプレーをすればOKです。
念入りにやりましょう。

 

 

トイレ

ワンちゃんのトイレシートや、トイレをする砂などがある場所は要注意です。

 

トイレシートは使う前にスプレーをしておいて、おしっこをした後はすぐに消臭するようにしましょう。
オスのワンちゃんの場合はウェットティッシュにスプレーしておちんちんを拭いてあげると良いですね。

 

野外で飼っている場合も良くウンチをする場所にスプレーを多めにしておくと土の中からのにおいを防ぐことが出来ますよ。

 

カーテン

カーテンは布でできているのでニオイが溜まりやすい場所です。
カーテンを取り外してコインランドリーやドラム式洗濯乾燥機などで丸洗いしてしまうのが一番ですが、それが難しい場合は消臭スプレーで消臭除菌するようにしましょう。

 

リビングのラグやソファー

ワンちゃんが人間用のラグやソファーの上にいることがある場合は、ラグやソファーにもにおいの原因があります。

 

ラグは毛が長かったりするとラグの中に細菌が繁殖していたりするので、スプレーをして天日干しをすると効果的です。
ソファーも念入りに消臭除菌をしておくと安心です。

 

ソファーが布タイプの場合は特に注意です。布はにおいを吸収して吐き出すからです。

 

ソファーは洗濯できませんので、ペットに無害の消臭スプレーで手入れをするのが安全です。

 

ペット,消臭スプレー,安全,ファブリーズ

page top